今注目の目元の保水ってどうでしょう

眼元は皮ふが薄いため、刺激で肌トラブルの出やすいところであります。そのためにも、しっかりとした眼元ケアが必要不可欠な部分ともいえ、目元ケアを継続することによりちりめんじわや茶クマ、たるみなどを解消する事が可能になります。

お手入をする際には、クマの種類に適した肌ケアを続けることが大切です。美白美容液も症状に合わせたものが店頭で広く売られているので、肌の悩みにフォーカスした物を使ってみることがイイとされています。

肌の乾燥が悩みのタネといった場合では、潤い成分を含んだセラミドや水分保持に効果のあるヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲン等のエモリエント成分が入っているものを使うことがお勧めになります。保湿成分は肌に水分を閉じ込める力がとても優秀なため、肌の水分不足などが原因の乾燥に出来た目のまわりの縮緬皺に非常に効果的です。

肌のくすみが悩みのタネだという時だと、美白成分であるビタミンCderivativeがおすすめです。vitaminC誘導体はコラーゲンの合成を活発化する働きがあるものなので、日焼けした際もしくは皮膚の炎症などで生成されたメラニンによって出来た色素沈着やしわに効き目があり、目元のしわを本気で解消していきたいというときにはレチノールが配合された化粧品が有効だとされています。お肌に優しく安定して化粧品に使用されているRetinalと呼ばれているものはvitaminAの総称となります。ビタミンAは皮ふに大事な要素で傷ついた肌の粘膜や細胞を再生させてcollagenやElastin、hyaluronic acidを体内で生成ます。

ただし使用される前に注意しなくてはならないのが、vitaminCderivativeやレチノールといった成分は皮膚の敏感になっている方が使用した場合肌負担が強いこともあるようです。ですので、肌トラブルにならないように使用前に出来るだけ手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストを行って肌の状態を見ながら使いはじめることがおすすめとなります。そして、目元のcareを行う際にはオイルクレンジング等にも気をつけることが大切です。

あわせて読みたい