今注目の目元の乾燥

目のまわりは肌がハンカチほどの薄さしかないので、刺激によってしわなどが起きやすいところです。そのため、毎日のしっかりとしたお手入れが重要になる所ともいえ、肌ケアを継続していくことによりしわや青くま、たるみといった状態を減らしていくしていくことが出来るのです。

スキンケアをする場合には、状態にあわせた目元ケアをすることが必要です。保湿美容液も症状に見合ったもの等が数多く販売されているので、悩みに沿った化粧品を使ってみることが効果的だとされています。

肌の乾燥が悩みの種といったケースだと、保湿効果の高いセラミドもしくは乾燥対策に有効なヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲンなどの美容成分が入ったものを使用することがおすすめです。保湿成分は保水力が非常に高いため、室内外の温度差などが原因の乾燥に現れる眼の周りの縮緬ジワに効果ばつぐんです。

肌のくすみが悩みという場合だと、シミ予防に効果があるvitaminCderivativeが有効です。ヴィタミンC誘導体はコラーゲンの合成を活発にする働きがあるものなので、日焼けもしくは肌へのダメージが原因で体内で生成されたメラニン色素によって起こったシミやちりめんじわに効果があり、目元の皺を本気で治したいというときにはRetinolが配合されている美容液がおすすめだと考えられています。お肌に優しく安定して化粧品に使用しているRetinalはヴィタミンAの総称となります。ビタミンAは皮ふにとても大事な要素で傷んだ細胞を再生させてcollagenやElastin、hyaluronic acidを作ります。

そこで使用する前に注意しなければならないのは、ビタミンCderivativeやレチナールというのは皮ふが敏感な方が使用した場合肌への刺激が表れる可能性も考えられます。ですので、皮膚トラブルを避けるように使うためには必ず手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをして肌の様子を見て使用することがおススメとなります。そして、眼もとのお手入れを行うにはオイルクレンジング剤etcにも気を配ることが重要です。

あわせて読みたい