お待ちかね、目元の保水とのことだけどどうなんでしょう

眼のまわりは膚がハンカチほどの薄さしかないですから、ちょっとの刺激で乾燥といったものが出やすいところです。そのため、毎日のしっかりとした目もとケアが必要不可欠な箇所であり、お手入れを継続することで乾燥しわや青クマ、たるみといった状態を改善していくことが出来ます。

お手入れをするときには、皮膚の状態にあわせた対策をすることが必要不可欠です。美容液も皮膚の状態にあわせたものが店先で多く売られているので、症状に合った物を使用してみることが肌の悩みの改善に有効的だとされてます。

肌の乾燥が悩みといった時には、潤い成分を含んだセラミドもしくは水分保持に効果のあるヒアルロン酸、コラーゲンなどのうるおい成分が含まれたものを使用することがお薦めとなります。保湿成分は肌のバリア機能が非常に高いため、紫外線などが原因の乾燥によってできる眼もとの縮緬皺に効果的です。

くすみが困らせられる原因という時だと、美白成分であるvitaminC誘導体がお薦めです。ビタミンCderivativeはコラーゲンの合成を活性化させるので、日焼けした際または炎症が原因で体内で生成されたmelaninによって起こるシミや縮緬ジワに効き目があり、目もとのしわをちゃんと解消したいいきたいときにはレチニールエステルという成分がお勧めだとされています。お肌に優しく安定してしみ対策の化粧品に配合しているレチノールと呼ばれている化合物はヴィタミンAの総称となります。ビタミンAは体作りに必要な栄養素で傷んだ肌や細胞を回復させてコラーゲンやElastin、hyaluronanを造り出します。

そこで注意しなくてはならないのが、vitaminCderivativeやRetinolというのは膚が過敏な方には刺激が出ることもあるようです。ですので、肌のトラブルにならないように使うためにはなるべくパッチテストを行ってから使い始めることがおすすめです。また、眼もとの御手入れを行う場合はクレンジングゲルなどにも注意する必要が重要です。

あわせて読みたい