お待ちかね、目の周りの皮膚の乾燥の感想、所感

目もとは膚がガーゼほどの薄さしかないので、少しの刺激でくまなんかが起こりやすい場所といえます。そのため、日頃から丁寧な目元ケアが必要な場所であるとも言え、ケアを継続することによりしわやくま、目もとのたるみといった状態を解消することが出来るのです。

お手入れする時には、症状に合った肌対策を続けることが大切です。保湿化粧品もお肌の悩みにマッチしたものが店頭で数多く売られているので、悩みに合った物を選んで使ってみることが肌の悩みの改善にイイと考えます。

目元の乾燥が悩みの種という際では、保湿効果の高いセラミドや水分保持に効果のあるヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲンなどのうるおい成分が配合されたものを使用することがお勧めです。セラミドは水分保持力がとても優秀なため、肌の水分不足などが原因の乾燥にあらわれる眼のまわりのちりめん皺に効果抜群です。

顔のくすみが悩みという時ですと、美白効果があるvitaminC誘導体が効果的です。ヴィタミンC誘導体はコラーゲンの生成を促進する働きがあるものですから、紫外線や肌へのダメージなどで体内で生成した活性酸素によって起こる色素沈着やしわによく、目もとの皺をきちんと改善ししてというときにはRetinolという成分がおすすめだとされています。肌への負担が少なく安定して化粧品に配合しているレチナールはビタミンAの総称です。ビタミンA健康な肌作りに大切な物質で傷んだ肌や細胞を修復してCollagenやエラスチン、ヒアルロン酸を体の中で作りだします。

しかし使う時に注意しなくちゃいけないのが、vitaminC誘導体やレチニールエステルは素肌のあまり丈夫じゃない方には肌負担が強い場合もあります。ですから、安全に使うためには出来るだけ手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやって肌の様子を見て使用されることがおススメとなります。そして、目元のお手入を行う場合はオイルクレンジングなどにも注意することが大事です。

あわせて読みたい